藤田直廣

藤田 直廣(ふじた なおひろ、Naohiro Fujita、1948年 224月2日 - )は、広島県出身の元レーシングドライバー。1970年代から1983年まで富士グランチャンピオンレース全日本F2選手権に参戦、フォーミュラ・パシフィックグループCなど多くのカテゴリーで活躍した。名車ポルシェ・956に最初に乗った日本人レーサーでもある[1]。1981年富士グランチャンピオンレースチャンピオン。

経歴

1968年レースデビュー、富士フレッシュマン第9戦と第11戦でクラス優勝(トヨタ・1600GT)。1969年の日本グランプリ前座レースでトヨタ1600GTでクラス優勝。以後トヨタのセミワークスドライバーとして活躍。 1971年、富士グラン300マイルレースにトヨタ・カローラクーペで参戦し優勝。1972年富士ビクトリー200キロレースでは、トヨタ・セリカ1600GTで優勝。

1974年、富士GCシリーズ「マスターズ250kmレース」でシェブロン・B23 BMWを駆り3位入賞。同年、当時の国内トップフォーミュラである全日本F2000最終戦で国産初F2000マシンNOVA-02のドライバーを務め(練習走行でクラッシュし公式予選と決勝はDNS)、翌1975年はフル参戦を開始[2]

1976年に鈴鹿サーキットで富士グランチャンピオンレースと同規格のビッグ・レースが企画され、藤田だけでなく他のトップレーサーたちも参戦予定だったが富士スピードウェイのオーガナイザー側が「鈴鹿に出場したレーサーは以後富士GCへ出場させない」と反発。このため藤田は参戦を止め[注釈 1]、鈴鹿に参戦する代役が必要となり、エンジンチューナーの松浦賢が前年FL500での走りを注目していた中嶋悟を推薦[注釈 2]。中嶋が初めて本格的な2000ccレーシングカーに乗るきっかけとなった。また、同年にはGCのレーシングカーに車両保険が掛けられるよう保険会社と交渉し、全GCカーに保険が掛けられたが[注釈 3]、この際保険会社側と交渉に当たったひとりが藤田であった[3]

1978年鈴鹿ダイヤモンド500kmレースでシェヴロン・B36 BMWを鮒子田寛とのコンビでドライブ、チームとしてポール・トゥ・フィニッシュで優勝を飾る[4]

1981年、全日本F2第2戦鈴鹿でトップフォーミュラ参戦7年目にしてF2初優勝を挙げ、年間ランキング3位を獲得。同年は富士GCでもシリーズチャンピオンを獲得、11月のマカオグランプリにマーチ・トヨタ(フォーミュラ・パシフィック)で参戦し2位表彰台に立つなどキャリアハイの活躍をみせた[5]

1983年シーズン、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権および富士ロングディスタンスシリーズでTRUSTポルシェ・956を駆り5戦中4勝を挙げ、全日本F2でも表彰台に立つなど衰えを見せていない中で「35歳でやめる」という自らのポリシーを貫き現役を引退[6]

現役引退後は自らのチーム『ナウ モータースポーツ(NOW MOTOR SPORTS)』を主宰し、全日本F3選手権フォーミュラ・トヨタに参戦し後進の育成に注力[7]、JAF(日本自動車連盟)主催の地元・広島や中国地域で開催されるジムカーナ大会の審査委員長などを歴任。

2011年は全日本F3選手権に参戦するハナシマレーシングの監督も務めた[8]

JAF中国地域クラブ協議会(JMRC中国)の運営委員長を2013年度まで務め[9]、2020年代以後も岡山国際サーキットの競技審査委員長や大会役員を務める[10]

レース戦歴

FJ1300

所属チーム 車番 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1974年 テラニシ GRD・372 3 SUZ SUZ SUZ FSW FSW NIS
5
SUZ SUZ

全日本F2000選手権/全日本F2選手権

所属チーム 車番 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1974年 チーム・フェニックス 88 SUZ SUZ SUZ SUZ
dns
- 0
1975年 エンケイ フェニックス ノバ02 88 FSW
8
SUZ
5
FSW
4
SUZ
4
SUZ
Ret
6位 27
1976年 キャセイパシフィック NOVA 88 FSW
Ret
SUZ
2
FSW
Ret
SUZ
4
SUZ
2
3位 42
1977年 キャセイパシフィック NOVA02 / 512 88 SUZ
11
SUZ
12
NIS SUZ
9
FSW
12
FSW SUZ
Ret
SUZ
Ret
18位 2
1978年 シェブロンB40 BMW 9 SUZ FSW SUZ
SUZ
4
SUZ NIS SUZ 12位 10
1979年 NIKKOセミデラコン 7 SUZ
5
NIS
6
SUZ
Ret
FSW
Ret
SUZ SUZ SUZ
6
10位 18
1980年 佐川急便 スピードスターレーシング 5 SUZ
Ret
NIS
Ret
SUZ
9
SUZ
2
C SUZ
3
SUZ
7
5位 37
1981年 佐川急便 東京堂スピードスター 5 SUZ
6
SUZ
1
SUZ
5
SUZ
5
SUZ
Ret
3位 42
1982年 佐川急便 スピードスターレーシング 5 SUZ
5
FSW
2
SUZ
10
SUZ
7
SUZ
Ret
SUZ
5
5位 35 (36)
1983年 佐川急便 スピードスターレーシング 5 SUZ
Ret
FSW
3
NIS
4
SUZ
9
SUZ
Ret
FSW
5
SUZ
8
SUZ
5
7位 41

全日本フォーミュラ・パシフィック選手権

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1979年 シェブロン トヨタ TSU TSU FSW
TSU
TSU SUZ
3
1980年 スピードスターロンシャンXR4 SUZ TSU FSW TSU TSU
2
TSU SUG SUZ
5
1981年 スターフォーミュラ81トヨタ TSU
NIS
FSW
TSU
TSU
TSU
SUZ
SUG
SUZ
6
1982年 ベッセル 221P TSU
NIS
SUG
TSU
TSU
TSU
FSW
SUZ
SUG
3
NIS
SUZ

マカオグランプリ

チーム シャーシー/エンジン 予選 レース1 レース2 総合順位
1981年 日本の旗 スピードスターレーシング マーチ・81A トヨタ・220P 6位 2位

全日本耐久選手権

所属チーム コドライバー 使用車両 クラス 1 2 3 順位 ポイント
1983年 トラスト オーストラリアの旗 ヴァーン・シュパン ポルシェ・956 C SUZ
1
SUZ
1
FSW
3
1位

関連項目

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 藤田は鈴鹿参戦を止めたが、星野一義長谷見昌弘松本恵二、高橋健二、桑島正美らは参戦を止めなかった。
  2. ^ 松浦は前年(1975年)からFL500で速かった新人・中嶋が気になっていた。1975年11月の最終戦JAFグランプリで藤田は松浦から「あいつ(中嶋)の走りがどんな感じか見てほしい」と頼まれて鈴鹿のS字の丘で中嶋の走りを視察した。藤田は中嶋のレースを見て「コーナーの飛び込みが速くてもちゃんとコントロールできてるし、うまいわ」と松浦に述べている。
  3. ^ 保険の掛け金は1台あたり70万円だった。しだしこの保険は保険会社側が大損したため1年限りで廃された。

出典

  1. ^ THE MAN 藤田直廣 Racing On 1986年12月号 128-129頁 1986年12月1日発行
  2. ^ ワニが空を飛ぶ!?初の国産F2000マシンNOVA-02 ムーンクラフト店長ゆらたくヒストリー 2003年4月10日
  3. ^ 「走る人生」中嶋悟20年の軌跡 意識は世界に グランプリ・エクスプレス1991年ポルトガルGP号 12-13頁 1991年10月12日発行
  4. ^ 鈴鹿ダイヤモンド500キロ自動車レース 500キロ(R)リザルト JAFモータースポーツ
  5. ^ 1981年・藤田直廣の栄光と無冠の帝王の見果てぬ夢 DUNLOPヒストリー
  6. ^ 今だから語ろう25年目の真実/藤田直廣 Vol.051'83全日本富士1000kmレース 日本の名レース100選 三栄 2008年9月10日
  7. ^ TOYOTA F3 Teams ナウモータースポーツ TOYOTAモータースポーツ 2007年月日
  8. ^ 2011年全日本F3選手権富士ラウンド、PLANEXハナシマF308健闘 2011年6月15日
  9. ^ JAF中国とJMRC中国、2012年モータースポーツ入賞者を表彰 日刊自動車新聞 2013年2月8日
  10. ^ サポートレース特別規則書 岡山インターナショナルサーキット 2021年4月10日

外部リンク

  • 会員プロフィール MOTORSPORT JAPAN
富士グランチャンピオンレース
1970年代
1980年代
GC-21
2000年代