詩人

曖昧さ回避 クルアーンのスーラについては「詩人たち (クルアーン)」をご覧ください。

詩人しじんとは、を書き、それを発表する者。また、それを職業にしている者。

後者でも詩だけで生活している人はほとんどおらず、多くの場合、評論随筆翻訳小説音楽絵画演劇、漫画、歌の作詞など他の分野の創作活動を並行して行っていたり、あるいは(文学と縁遠い)他の職業を持ったりする。たとえば高村光太郎彫刻家としても多数の作品を残しているし、草野心平にはバーや居酒屋の経営をしていた時期がある。アルチュール・ランボーは10代に残した業績によって詩人と呼ばれているが、詩作を止めた後は貿易商など他の仕事をした。

ボブ・ディランパティ・スミスなど、シンガーソングライターが詩人としても高い評価を得、詩集を出すまでに至る例もある。


詩を書く者以外に対しても「詩人」という言葉が使われることがある。新明解国語辞典第六版(三省堂)にもそのような広義の意味が書かれているし、三好達治は『詩を読む人のために』(至文堂、1952年)の中で「誰かもいったように」と前書きした上で「詩を読み詩を愛する者は既に彼が詩人」であると書いている[1]

歌の歌詞の作者は一般に作詞家と呼ばれる。また短歌を書く者は歌人、俳句を書く者は俳人と呼ぶ。

詩人の例

詳細は詩人一覧を参照。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ ここでは岩波文庫版(1991年)、p.3から引用。

関連項目

ウィキクォートに詩人に関する引用句集があります。
典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNE: XX533423
  • BNF: cb11933176q (データ)
  • GND: 4436441-6, 4168391-2, 4246394-4
  • J9U: 987007558379905171
  • LCCN: sh85103733
  • NDL: 00571341
  • NKC: ph216786, ph280132